EC studio EC studio デザインブログ

2008年07月25日投稿者:赤堀 巴絵

自動化のすすめ(フォトショップのバッチ処理編)

こんにちは、赤堀です。
今回も自動化のすすめをよろしくお願いいたします。

前回自動化のすすめ(イラストレーター編)
イラストレーターを自動化して便利に使おうとブログに書いたのですが、
Webで制作するときはフォトショップのほうが使用頻度が高いですよね。
(EC studioではFireworksですが)

今回はフォトショップで自動化して効率化しよう!とすすめてみます。
「Photoshopのバッチ処理でたくさんの画像を楽々処理して効率化」
(仕事を終わらせ早くお家に帰ろう)をお届けします。

同じ処理を何回も繰り返すときに便利なバッチ処理をおこなうときは
Photoshopのメニュー内のファイルの自動処理のバッチを選択してください。

今回こんな自動化します

今回はPSD写真をすべてセピアトーンにして違うフォルダに保存します。

まずはつかってみましょう

まずはバッチ処理をしたい画像をひとつのフォルダに集めましょう。

実行後に保存するフォルダも作成しておきましょう。

バッチ処理では上書き保存もできますが、
訂正などがあるかもしれないので元ファイルを
残す方法をおすすめいたします。

バッチ処理を設定しましょう

バッチメニューを選択して、
アクションの中の「セピアトーン(レイヤー)」を選択してください。

「選択」をクリックしてバッチ処理したいフォルダを選択しましょう。

「実行後」を「フォルダに保存」に選択してください。
そのときに先程作成した保存するフォルダを選択してください。

それから「OK」を押して実行してください。
これでおしまいです。

バッチ処理でさらに効率化

このように自分が作ったアクションを
多くの画像に適用させることができます。

他にも画像サイズの変更やデータ形式の変更もおこなうことができます。
様々なアクションを使うことでさらに効率化して楽々処理ができます。

次回はデータ形式を変更できるアクションの作成方法で
もっと簡単に効率化をお届けします。


関連した記事:
投稿者
カテゴリー
人気のエントリー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.