EC studio EC studio デザインブログ

2007年08月27日投稿者:新免 孝紀

成功するホームページを作る8つのポイント

ホームページを作ってみたが全然売上が上がらない。
多くの方がお悩みになっている問題です。

EC studioにはホームページ売上アップ診断で培われた
独自のノウハウがあり、お客様の売上アップの支援を
おこなっています。

今回はその中でも分かりやすく、売上アップに効果的な事例を
画像を用いてお伝えしたいと思います。

タイトル(Title)とページの内容をマッチさせる。

何らかのキーワードで検索をおこなうと、検索結果が表示され
そこに並ぶタイトルを見て、私たちはクリックをします。

しかし、表示されたページをすぐに閉じることがあります。
その一番の原因が、検索結果のタイトルと表示されたページの
内容がマッチしておらず、検索した人にとって思わぬページが
表示される場合です。

検索エンジンの検索結果に表示されるページは
トップページとは限りません、特に昨今はトップページだけでなく
各ページでのSEO対策が必要であり、ロングテールを狙うことが
重要になってきています。

どのページにも、そのページに合ったタイトルと
説明文(description)を付け、どのページから訪問者が訪れても
迷わず商品購入などの目的に達することが非常に大切です。

070824result.jpg

上記のような検索結果なら、検索結果を見ている訪問者は
メタボリックシンドロームを解消する、美味しい料理のレシピを
期待してページを開く方がほとんどになると思います。

ページを開いてみると、美味しそうな料理の写真が掲載されていて
その料理のレシピが丁寧に書かれてあり、更にその料理が
なぜメタボリックシンドロームに効果的なのか等も分かりやすく
解説されているページなら、たくさんの方がブックマークしたり
利用するページになるでしょう。

それが逆に、レシピどころかダイエット商品等の
広告ばかりが目立ち、料理の写真すら見当たらないような
ページだったら、ほとんどの方がページを閉じることになります。

ページのタイトルと説明文は、ページの内容とマッチしていれば
マッチしているほど、訪問者にとって価値あるページとなり
たくさんの方が訪れることにつながります。

成約までに通過するページを極力削減する。

情報は多ければ良いということはありません。
訪問者にとって必要な情報さえ揃っていれば
スムーズに目的を達成することができ、ページ内で迷ったり
他のページに惑わされることがないため、必要最小限の情報で
分かりやすく構成されたホームページの方が売れます。

また、成約までに通過するページが多ければ多いほど
途中で読むのに疲れてしまったり、目的のページを見失うなど
成約に結び付く可能性が低下していきます。

情報は、少なすぎても多すぎても良い結果につながりません。
訪問者に必要とされている情報を的確に表示し
成約までに通過するページや順序をシンプルにすることが
売上アップに効果的です。

070824before_lead.jpg

成約まで 改善後

アピールポイントの文章は、箇条書きにする。

ここだけは強く伝えたいというポイントは、説明等で
長文になってしまったり、訪問者にとって必要の無い部分の
情報まで記載してしまいがちですが、強く伝えたい
ポイントだからこそ、多くの文章情報を視覚的に表現できる
箇条書きにすることで、訪問者を疲れさせることなく
ダイレクトに伝えることができます。

箇条書き 改善前

箇条書き 改善後

上記のように箇条書きの場合、視覚的にも伝わりやすく
覚えやすいので印象が強くなり、結果的に成約に
結び付きやすくなります。

「!」ビックリマーク(感嘆符)の使い方

ビックリマークは、皆さんも良くご利用になられるかと
思いますが、タイトル画像など、特に目を引きたい時は
通常通りの表現ではなく、ビックリマークを斜めにすると
目を引きやすくなります。
ビックリマークの比較
片方を隠して、1つずつ見ると違いが良く分かります。
このようにページ内で特に重要な部分に、斜めにした
ビックリマークを使用すると見てもらいやすくなり
印象も強くなり効果的です。

メニューを見てもらいたい順に見せる方法

この順に見てもらえると、一番内容が伝わるんだけどなぁ・・・
という場合、視線の移動を意識したカラーの配置にすると
訪問者を上手く誘導できます。

人間は、左から右に視線が移りますので
その順に合わせた見やすい配色をすることにより
飛ばし読みや、成約率の減少を防ぐことができます。

例えば、以下のような配色でリンクを設置した場合
訪問者は「はじめに」を飛ばしてしまう可能性があります。

メニューの導線図

これは寒色の緑よりも、暖色のオレンジの方が
目に付きやすいということから、緑の重要度が低いと
錯覚されてしまうからです。

では、「はじめに」に目を通してもらいたい場合は
以下のようにカラーの順を変えるといかがでしょうか。

メニューの導線図

こうすることで、一番左の「はじめに」が重要なリンクと視覚的に認識され
クリックされやすくなり、その後の視線は自然に右のメニューへ移っていきます。

リンクボタン以外にも、作業ステップの表示、様々な資料に
効果を発揮しますので、上手く活用したい技法です。

わかりやすいタイトルで、内容に興味を持ってもらう

もともと興味があってサイトに訪れている方には
文章を読んでもらいやすいのですが
もともと興味が無かった方に、全ての文章を
読んでもらうことは難しいです。

そこで、全ての文章を読んでもらうのではなく
興味を持ってもらえたところだけ、読んでもらえるような
文章にすることが重要です。

文頭に分かりやすいタイトルを付けるだけで、内容への興味が
格段に持ちやすくなります。

▼悪い例:

-価格
*****************
*****************

-サービス内容
*****************
*****************

-導入数
*****************
*****************

▼良い例:

-1URL月額9,800円で使い放題
*****************
*****************

-20種類以上の効果的なSEO対策ツール
*****************
*****************

-導入数30,000サイト以上の実績
*****************
*****************

このように、タイトルを見るだけで
自分にとって興味がある内容なのかどうかを
判断できるようにすることで、もともとは興味がなかった
訪問者の方からも興味を持っていただくことが可能になり
成約に結びつきやすくなります。

アクティブなコンテンツで、ライバルと差をつける

お客様の声、最新NEWS、キャンペーン、社長ブログ更新履歴など
頻繁に更新される情報をトップページに設置することで
訪問者が何度も訪れる可能性が高くなります。

「あっ、また新しい情報になっている!」

「あのサイト、そろそろ更新してるかも?見に行こう!」

更新頻度が高く、何度も訪れてもらえるホームページは
印象に残るホームページとなり、信用度も高くなります。

逆に更新が無い場合は、何度も見る必要がないと
判断されてしまい、忘れられてしまう可能性が高いです。

更新頻度の高いアクティブなコンテンツをトップページに設置することで
ライバルとの差をつけましょう!

重要なボタンは、つい押してしまうようなデザインにする。

お申し込みや購入に関するボタンは、押してもらえない限り成約に
つながりません、ということは重要なボタンはなんとしても
押してもらいたいものです。

では、どのようなボタンなら押されやすいかを
お知らせしたいと思います。

・その1 ボタンを立体的にする

平べったいリンク画像は、バナーに似ているため
普段バナーをクリックされない方にとっては、無意識的に
クリックしにくいリンク画像となります。

そのため、これはボタンであり、押すことができるものである
ということを瞬時に分かるよう、立体的なボタンにすることが
重要です。凹凸はハッキリと分かる方が効果的です。

また、ボタンの角を丸くすることで、バナーではない
という印象を更に強く訪問者に伝えることができ
押してもらいやすい立体のボタンに近づきます。

上記は通常リンク、立体感のあるリンク、角を丸くした立体感のあるリンクの
3パターンの例です。3つ目の「角を丸くした立体感のあるリンク」が
一番クリックされやすいことがお分かりいただけるかと思います。

・その2 暖色系(興奮色)を使用する

ボタンは、赤やオレンジなど、暖色系で興奮作用がある色の方が
押してもらえる、成約率が高くなるという結果が出ています。

逆に青色などの寒色系や白色は、信頼や落ち着きという意味で
企業サイトとしては、多く利用されていますが
ボタンとして利用した場合、赤色などの暖色系に比べると
成約率が下がります。

もっとホームページを成功させたい方は
「ホームページ売上アップ診断」をご利用ください。
お客様1人1人に合った、アドバイスと売上アップに直結する
ご提案をいたします。

ということで、記事中にもあった、クリックしたくなるボタンで
皆さまをHP売上プラスのお申し込みへ誘導したいと思います(笑)

赤い角○ボタン

この記事で紹介する「成功するホームページを作るポイント」は
EC studioのホームページ制作のノウハウがどんどん追加されますので
見逃したくない方は、ぜひブックマークしてくださいね。


関連した記事:
投稿者
カテゴリー
人気のエントリー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.