EC studio EC studio デザインブログ

2007年10月03日投稿者:新免 孝紀

PCやアプリケーションに頼りすぎない

企画デザイン・新免です。

日々、PCやアプリケーションに頼ってデザインをしていくことで、
PCやアプリケーションは「デザインするための道具」だと言うことを
忘れがちになってしまいます。

やはりデザインの最終的な微調整などは、
人間の目で実際確認するなど、感覚も大事になってきます。

PCやアプリケーションばかりに頼っていては
良いデザインはできません。

中央揃え

例えば、PhotoshopやFireworksなどの機能にある
「整列」で中央揃えにしたからと言って、必ず中央に
なっているとは限りません。

もし、文章の中に「!」ビックリマーク(感嘆符)などの
記号があった場合、確かにPC上ではセンターにしたけれども、
センターに見えないということがあります。

中央揃え

上記の画像を見てもらうと、左の画像では下の
「無料!」と言う文字が、左に寄っているように見えます。

これは「無」と言う文字に対し、「!」ビックリマークの
面積が少なく、文字の間にも空間が空いてしまっていて、
左に重心が傾いていることが原因です。

この場合は、右の図のように全体を右にずらし、
「!」ビックリマークの文字間隔も詰めれば、
うまくセンターにおさまります。

○を含む左揃え

例えば○と文章を左揃えにする場合、
ただ単に、アプリケーションの「整列」機能だけを利用しても
きれいに揃っているように見えません。これは何故でしょう?

これは、○と文章を並べた際に、基準線に対する設置面積の違いに
よって生じます。左揃えにしたときには、○より文章の方が
左に出たように見えます。そこで、○を□よりも少し左に
揃えれば、きれいに揃っているように見えます。

左揃え

このように、最終的にはやはり感覚が必要になってきます。

PCやアプリケーションを使うことで、
デザインの効率は格段に上がりますが、
こういった、人の感覚も大事にデザインしていきたいですね。


関連した記事:
投稿者
カテゴリー
人気のエントリー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.