EC studio EC studio デザインブログ

2008年10月24日投稿者:赤堀 巴絵

誤字脱字を事前に減らして効率化!

誤字脱字の修正で時間がとられてしまうことって多くありませんか?
アップしたデータを修正して、確認してアップロードするという作業を
何度も繰り返すとタイムロスになってしまいますよね。

文章校正ソフトを使用したり、日本語入力システムの単語登録を使ったりと
ソフトに頼るのもいいですが、
誤字脱字をしないように作業工程で減少する方法はないか考えてみました。

自分自身でしっかり意識することで誤字脱字を減らして、
作業効率をアップさせましょう。

簡単すぐできる誤字脱字対策!

1) 極力自分で文字を打たない

自分で文字を打つとヒューマンエラーが出やすいです。
特に間違ってはいけない単語(サイト名や人名など)は
データを参照してコピペしましょう。
アルファベットのサービス名などにはかなり効果的です!

また元データがある場合はそれを流用しましょう。
自分が打った文字は自分1人だけでチェックするので間違えに気づきにくいですが、
人が打った文字だと自分とその人の2人がチェックすることになるので、
誤字脱字が防ぎやすくなります。

2) 声に出して読んでみよう

ちょっとひとりごと言ってるように聞こえるので周りからみると
怖がられるかもしれないですがぜひ試してみてください。

読んでるとおかしな文字がちらほら出てきますよ。
また読むの難しいなと思う文字がある場合は
ひらがなに変更するなどの作業も一緒におこなうことができます。

めんどうかも知れませんが、かなり高確率で誤字脱字を
発見することができます。一度はおこなってみましょう。

3) 重要な順にチェックしよう

すべての文章をチェックするのはとても大変です。
そんなときは重要な順番にチェックするようにしましょう。
(例えば、サイト内の値段の表記、日付、サービス名など)

表記のゆれが存在したりすると文章は読みにくく感じますが、
後からすぐに修正できるところがWebのいいところでもあります。
(でも、最初から誤字脱字は注意していきたいところですが)

まずは絶対に間違ってはいけない文章からしっかりチェックしていきましょう。
よく誤字脱字をしてしまう方は特に注意深くおこなってみましょう。

4) 人にチェックしてもらおう

自分の誤字脱字はなかなか気づきにくいものです。
可能であれば人にチェックしてもらいましょう。

ただチェックしてくださいとお願いするのではなく
この部分は自分で文字を打ったので間違っている可能性が高いなど
見てもらいたい部分を指定するようにしましょう。

一般的に間違いやすいところ、自分がよく間違える箇所などを意識することで
誤字脱字を防ぐ確率を高めることができます。

意識してみると誤字脱字は同じようなミスを繰り返していることがあります。
自分がどんな間違いをおこしやすいのか日々注意していきましょう。

忙しくて時間がなく誤字脱字が多い方は上記の1つでもいいので
意識しておこなってみてはいかがでしょうか。

ぜひ「誤字脱字を事前に減らして効率化!」をおこなっていきましょう。


関連した記事:

この記事へのコメント

初めまして。
デザインで検索していて辿りつきました。
おっちょこちょいの私は誤字脱字が日ごろから多いので、小さなミスをなくすためにも、とても興味深く拝見させて頂きました。
ありがとうございます。

投稿者: 学校探し | 2008/10/28 火曜日 0:11:14

コメントありがとうございます。
弊社でも日頃から誤字脱字をなくすように
努力していますが、なかなか気づきにくいものですよね。

私も非常におっちょこちょいで誤字脱字も多かったですが、
少しでも意識してチェックすると以前よりは改善されるようになりました。
ぜひ上記の方法がお役に立てれば幸いです。

投稿者: 赤堀 巴絵 | 2008/10/28 火曜日 10:34:08
投稿者
カテゴリー
人気のエントリー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.